年齢により太る時期は異なる

ミトコンドリアを移動させている

どうしても「肉」っといえば、おいしく私を喜ばしてくれる食品。しかし、食べ過ぎることは、おなかににたんまりとつきやすくなる脂肪に切り替わってしまう。

 

そんな、肉に対するイメージですが、しかし、肉の中でも「赤身」は消化・吸収してくれるために、脂肪になりにくいとのこと。

 

どうしても、動物性脂肪は避けたいと思いがちですが、以外にも脂肪は少ないそうです。つまり、ダイエットにもうってつけ。

 

その理由として、赤身などの肉にL-カルニチンという成分がたくさん含まれているからです。
L-カルニチンにつちえトップページでも少し説明をしていますが、脂肪燃焼などにも必要不可欠な成分なんですが、30歳代から減少しやすくなるために、サプリなどで毎日摂取することが大事。

 

運動や日常活動のエネルギーとして、脂肪細胞から抜け出て血中に流れ込んだアブラは、それを必要とする部分の細胞に送り届けられ、細胞の中で油をメラメラ燃焼する、ミトコンドリアの活動がとても重要となります。

 

このミトコンドリアを移動させているのが簡単に言うとLカルニチン。なんで、この成分が減少すると、アブラも付着しやすくなり、太ってしまうので、注意が必要。

 

ですので、サプリなどで摂取することも大切ですし、おかずに赤みのお肉を選ぶこともおすすめ。特に、豚・鳥・牛よりも、羊が一番含まれているそうです。
っでも、スーパーなどではあまり見当たらないために、牛や豚などでも十分活躍していくれます。

 

料理するときも、できることなら塊のままで、消化吸収しやすく食べるようにしましょう。