カルニチンはダイエットに効果がある?

3つの太りやすくなる時期

男の人生の中で、太りやすい時期があります。これが一度だったらいいのですが、時期的に3つほど。

 

最初の危機は新社会人時代。
社会に出て、一人暮らしをするようになることで、男の人の多くは忙しさを理由に、でたらめな食生活を繰り広げてしまうのです。これは、私も経験積み。。

 

嫌な上司にこっぴどく怒られ、ストレスもたまる一方のために、好きなものをたんまりと食べて、ストレス解消!!体のことなんか二の次。
給料も乏しいから、安くて手軽なコンビニ弁当に頼ってしまい、悪い油に立ったプリのジャンクフードでお腹をいっぱの脂肪に・・・・。

 

若いころだったら、たくさん食べても、脂肪になることはなかったのですが、数年後社内の検診で突如「肥満状態」を医師から先刻。自分でも多少は気づいていたが、先生から言われるとリアル。

 

新婚という甘いワナ

次は婚約から進行ん時代ですね。
よくよく言われるのが「幸せ太り」、ちなみに、私はまだ幸せ太りはしていませんが。

 

新しい妻のおいしい手料理におぼれてしまい、減っていく運動量と増えていく愛情と脂肪・・・。出されて物をせっせと食べ続けると、気づけば、夫婦で「プチぽっちゃり夫婦」。

 

このカップルは互いに太るために、ちゅいのしようがなく、継続して脂肪をつけてしまう・・・。

 

中年太りは恐ろしい

そして、3つめが、昔ながらの30代以降に多い中年太り。
それがいかに恐ろしい結果に導かれるか・・・。これは、老化現象や肥満にも最終的に結びついてきます。必死に運動量を増やしても、歳を追加しているために、なかなか対応してくれない。

 

脂肪は燃焼できず、逆に持続してしまう。
毎日継続して、キツい運動を繰り返せば脂肪の燃焼をすることはできますが、中途半端な運動だと、筋肉量は減少し、脂肪燃焼できるエネルギーも少なく効果は見られません。

 

よくて、現状位置といった感じ。

 

思い切って決意を決めて、心を入れ替えることが大切。
一気に食事の量を減らすと、リバウンドが大きくなるために、徐々にでも良いので、高カロリーを少しずつ減らすように心がけましょう。

 

ちょっと筒の継続が、次第に効果を発揮してくれるはずです。