かつために必要なことを行うこと

計画をたてることが重要になります

食べたくなった時、どんなことを自分に言い聞かせて我慢をすれば、その悩みを乗り越えることが出来るのだろうか?誰だってダイエットを心がけた時に、急激に自分との戦いが押し寄せてくるとは思います。

 

夜中にどか食いしたくなるし、お店のスイーツが全部欲しくなるという状況の中で、そんな危ない行動に走るのは防ぐテクニックが欲しくなるはずです。意志の強い人は、悩む要素などなく、ダイエットを心がけているのなら、甘いモノや太りやすい脂っこいものは食べないはずです。だけど、意志の弱い人は負けてしまい、すぐに食べてしまうと思います。

 

例えばスイーツをテーマにした情報番組を見て、ケーキが食べたくなったら、最も美味しい有名なパティスリーのケーキを想像してみると、それも日本に一件しかないパティスリーで完売必須の幻のケーキなどがあった場合、やはりどんなことをしてでも食べたくなるはずです。

 

そんな時に、自分に言い聞かせてしまうことがあるはずです。これくらいならだいじょうぶだよね〜、今まで1週間くらいはダイエット我慢したんだから、これくらいは自分に対するご褒美として購入するんだよ!!と。

 

だけど、一度でも自分に対して甘い言葉をなぎかけると、どんどんと欲に満たされてしまうはずです。

 

一番は、テレビや雑誌などを見ずに、至らない情報を頭のなかに入れ込まないことだと思いますが、となると、毎日の生活が暇で暇でしょうがなくなります。

 

実際にドーパミンの反応も下がることがわかっているために、まずは期間を決めて、1ヶ月、2ヶ月は絶対に食べないというように決め、これくらい体重が減ったら、これくらいのお菓子を食べていというふうに先に決めておくことが需要になります。

 

計画を立てて、着地点の中にどのようなことがあるのかを決めておくと、我慢ができると思うし、その我慢が先の結果に繋がるはずです。結果が出たら、求めているものを得ることが出来るために、また次に何かを行おうとするときに、同じやり方でチャレンジできるはずです。