燃焼効果で自分にあった体の調節をする

脂肪燃焼

入浴することでダイエットに繋がるとは思いませんが、ただ、脂肪燃焼には多少は繋がるということで、毎日のように意識した風呂の入り方をしておまりマス。

 

ただ単に、1日の汚れを落とすという考え方ではなく、どうしたら燃焼効果があるのかを考えるべきです。

 

シャワーを有効活用して、時間をかけずに暖まりながらの脂肪燃焼をするという考え方です。体が疲れて帰った夜や時間がなくてゆっくりお風呂に浸りながら足湯だけでも心がけて、足先を温めるだけでも温まった血液が全身をめぐり、ぽかぽかに副交感神経を優位にしたり、血流改善など、混浴効果が期待できます。

 

入浴前後には体を温める一工夫をすることが重要になるわけなんですね。

 

たとえば、温かい飲み物を飲むことをまず考えて、うまく利用することが重要になります。ほんのちょっとしたことなんですが、やるかやらないかでは全然違ってきます。事前に体を温め、体温が上がりやすい状態へ整えておく、カフェインフリーのものがおすすめという話もよく聞きますね。

 

それから、シャワーで体を洗いながらも、脂肪燃焼をイメージすることが大事になると思います。ちょっとした工夫をしてもいいと思いますが、シャワーを浴びながらも、バスタブに線をして、シャワーを脱しながら髪や体を洗う、足元にお湯がたまり、足湯ができるという、なんとも貧乏くさいやり方なんですが、このようなちょっとしたことでも、やるかやらないかでは全然異なってきます。

 

そして最後に風呂あがりに、体全体のマッサージを行うことです。これは疲れを癒やすという効果が有るのですが、ストレッチなどを行うことで、間接部分に燃焼効果に繋がるために是非試してみてくだい。